戦争は望まずそれでも兵器を持つ理由

世界のどこかで戦争や紛争が行われています。

そのほとんどは兵器によっての攻撃です。

この世に武器があるかぎり、人は人の命を奪う行為をこれからも続けます。

戦争を断絶するために、兵器開発を止める国々が増えています。殺しあうのではなく、手を取り合う手段を身につけたのです。

しかし、それでも兵器を持つ国が存在します。戦争を反対しているのに、武器を持つなど矛盾しています。

これには、人間らしい理由が隠されています。それは、防衛本能です。

たとえば、隣国と手を結びます。お互い立場は平等、友好関係が続きます。

しかし、所詮は口約束です。戦わないと嘘をつき、気が緩んだうちに攻めることも予想できます。

そんな最悪なケースを避けるべく、武器だけは残しておきます。相手が攻めて来ても、迎え撃つことが可能です。

これは歴史が物語っています。そうやって相手を欺き、他の国と手を組んで敵を倒します。

すべての国々が武器を捨てたとき、それは戦争を起こす相手には都合の良い材料です。

どんなに正論を述べても、相手に出し抜かれないよう世界は武器を隠しながら今日を生きています。

世の中の電化製品のもととなる物

日常生活において使用する製品には、兵器開発と深い関わりのあるものが多く存在します。知られているものの中でもインターネットやパソコンがあり、集積回路や光ファイバーケーブルもその一つとなります。

NEXT PAGE

なぜ人類は兵器が必要になったのか?

なぜ人類は兵器が必要になったのか。なぜ人類が兵器開発をしないといけなくなったのか。それは人間の感情はもちろん人類の生活が豊かになったためです。

NEXT PAGE

戦争は望まずそれでも兵器を持つ理由

世界のどこかで戦争や紛争が行われています。そのほとんどは兵器によっての攻撃です。この世に武器があるかぎり、人は人の命を奪う行為をこれからも続けます。

NEXT PAGE