世の中の電化製品のもととなる物

日常生活において使用する製品には、兵器開発と深い関わりのあるものが多く存在します。

知られているものの中でもインターネットやパソコンがあり、集積回路や光ファイバーケーブルもその一つとなります。

電化製品では電子レンジがあり、その元となった原理は、現在においても殺人兵器となるADSなどに使用されています。

電子レンジで利用されるマイクロウェーブは、元々は、偶然によって発見されています。

それは、1947年にアメリカ合衆国の1人のレーザー技師によって偶然発見されており、ここでの現象を調理に使うことを着想しています。

その後、技師が所属をしていたレイセオン社は、アメリカ軍と契約を結ぶことで兵器開発を続けることになり、ADSを完成させています。

日本においても兵器としての開発の歴史があり、それは、1944年に、当時の大日本帝国海軍に所属をする海軍技術研究所と、島田実験所によって行われています。

ここでは、マイクロウェーブを照射することで航空機などを遠隔攻撃するための研究が行なわれ、実験では5mの距離からウサギを焼き殺すことに成功しています。

しかし、その後は大型化が困難になるなど実用に至らず、終戦と同時に開発は中止されています。

世の中の電化製品のもととなる物

日常生活において使用する製品には、兵器開発と深い関わりのあるものが多く存在します。知られているものの中でもインターネットやパソコンがあり、集積回路や光ファイバーケーブルもその一つとなります。

NEXT PAGE

なぜ人類は兵器が必要になったのか?

なぜ人類は兵器が必要になったのか。なぜ人類が兵器開発をしないといけなくなったのか。それは人間の感情はもちろん人類の生活が豊かになったためです。

NEXT PAGE

戦争は望まずそれでも兵器を持つ理由

世界のどこかで戦争や紛争が行われています。そのほとんどは兵器によっての攻撃です。この世に武器があるかぎり、人は人の命を奪う行為をこれからも続けます。

NEXT PAGE