兵器開発をしている国まとめについて

現在では、インターネットの発達などにより、グローバル社会などとと言われていますが、世界の国と地域で兵器開発をしている場所というのはいたるところに存在しています。

なかでも、イスラエルやイラク、イランなどの中東の地域では、兵器開発がビジネスとして成り立っており、そのような国の近辺では、内紛や戦争、あるいはテロリズムなどの暴力が耐えることはありません。

常に紛争やテロが頻繁に起こっている状態ですから、兵器開発をおこなっている国としても、今まで以上に破壊力のある武器を製造しているという実態があるわけで、その国というのは、イスラエルやアラブなどの中東地域にかぎらず、アメリカやフランスなどの先進国でも兵器開発をおこなっているという現実があるわけです。

そのほかにも、ロシアや北朝鮮などの地域でも武器の研究が日常的におこなわれており、とくに北朝鮮の場合は、実際に核実験なども実行していますので、地理的に近くに位置する日本などにとっては、脅威であると言わざるをえません。

このように、兵器開発をおこなっているところは、いろいろとあるわけですが、現在ではすでにビジネスとして、資本主義社会のなかでひとつの役割を担っていると言っても過言ではありませんので、テロリズムや戦争などの脅威を完全になくすということがむずかしくなってきている現実があるわけです。

幸いにも、日本ではこのようなことがないというのがせめてもの救いです。

世の中の電化製品のもととなる物

日常生活において使用する製品には、兵器開発と深い関わりのあるものが多く存在します。知られているものの中でもインターネットやパソコンがあり、集積回路や光ファイバーケーブルもその一つとなります。

NEXT PAGE

なぜ人類は兵器が必要になったのか?

なぜ人類は兵器が必要になったのか。なぜ人類が兵器開発をしないといけなくなったのか。それは人間の感情はもちろん人類の生活が豊かになったためです。

NEXT PAGE

戦争は望まずそれでも兵器を持つ理由

世界のどこかで戦争や紛争が行われています。そのほとんどは兵器によっての攻撃です。この世に武器があるかぎり、人は人の命を奪う行為をこれからも続けます。

NEXT PAGE