世界の兵器開発の実態

兵器開発というものは、世界のさまざまな国でおこなわれている実態があります。

いくらアメリカの大統領が、ノーベル平和賞を受賞したとしても、戦争やテロなどに使用される兵器開発を完全になくすということはむずかしいのが現状です。

世界では、なぜこのような兵器開発が活発化しているのかと言いますと、いちばんの理由はビジネスです。

武器を製造するために、その武器の設計をするための開発があらゆる場所でおこなわれており、国と国同士が兵器を売買したりして、ビジネスをおこなっているわけです。

しかも、国の内紛などの争いだけではなく、外国で頻繁に発生するテロにたいする脅威なども、兵器開発を活発化させている要因となっています。

世界では、テロだけではなく、民族同士や宗教対立などの争いが耐えることはありませんので、これからも武器の製造や開発がなくなることはないでしょう。

このことは、戦争に巻き込まれた一般市民が犠牲になるという代償を払うことになるわけですが、それと同時に、兵器開発をビジネスとしてとらえている武器会社や、武器を売買している国にとっては、経済的にメリットがあるという皮肉におちいっているという実態があるわけです。

世界各地で頻繁に起こっている戦争やテロリズムは、武器会社や兵器を開発している国からすれば、脅威というよりも、ビジネスチャンスととらえている現実があるわけですが、このようなことをなくさないかぎり、一般市民が巻き添えになることは避けられないことは確かです。

世の中の電化製品のもととなる物

日常生活において使用する製品には、兵器開発と深い関わりのあるものが多く存在します。知られているものの中でもインターネットやパソコンがあり、集積回路や光ファイバーケーブルもその一つとなります。

NEXT PAGE

なぜ人類は兵器が必要になったのか?

なぜ人類は兵器が必要になったのか。なぜ人類が兵器開発をしないといけなくなったのか。それは人間の感情はもちろん人類の生活が豊かになったためです。

NEXT PAGE

戦争は望まずそれでも兵器を持つ理由

世界のどこかで戦争や紛争が行われています。そのほとんどは兵器によっての攻撃です。この世に武器があるかぎり、人は人の命を奪う行為をこれからも続けます。

NEXT PAGE